感染症治療をするには

感染症と聞いて、まず最初に思いつくのが、一番身近に起こり得る可能性がある性病を想像する人が多数だと思います。感染症治療するにはなにをすればいいのかわかりやすく説明していきたいと思います。

妊娠中に多い感染症を予防する

妊娠中はたくさんのことに気をつけなければいけません。食べ物は、ビタミンAを摂りすぎない、生ものは、食中毒を起こす可能性があるので、なるべく避ける。体を清潔に保つために、シャワーではなく、入浴をするなど、色々ありますが、お風呂は、リラックス効果もあるので、入ると良いです。妊娠中は、免疫が下がり、抵抗力があまりないので、感染症の流行っている時期は、マスクをするなどして、気をつけなければいけません。妊娠中になりやすい感染症は、カンジタです。陰部が少し痒くなって、もろもろのおりものが出てきます。時間が経つと陰部の痒みはひどくなっていきます。すぐに受診し、薬を処方してもらいと、すぐに良くなります。陰部の痒みはしばらく続きますが、塗り薬を塗っていると、痒みもおさまってきます。抵抗力のない、疲れた状態の時に、感染します。妊婦は、お腹が重く、動きにくいため、すぐに疲れてしまいます。そこにカンジタ菌が、感染症を起こすのです。予防としては、下着をこまめにはきかえます。おりものがたくさん出やすい妊婦は、下着を清潔にしておく必要があります。陰部がかぶれない為にも、下着は、すぐにかえられる準備をしておかなければいけません。失禁による悩みもあります。くしゃみをするだけで失禁をしてしまうので、外出先にも、下着は持って出かけたほうが良いでしょう。おりものシートなどは、ばい菌が逃げられず、清潔だとは、言えません。通気性が悪くなってしまうので、むれて感染症になってしまいます。予防はおりものシートを付けず、汚れた時は、下着を新しいものに、常に清潔な状態いることが、感染症の予防です。妊娠中は、カンジタだけではなく、色々な感染症に気をつけなければいけません。